18000分話したので、オンライン英会話初心者がネイティブより絶対フィリピン人講師を選ぶべきである3つの理由を語る!

初心者がフィリピン人講師を選ぶべきである3つの理由

オンライン英会話とは

どうも!!2017年の2月からオンライン英会話の受講を始めたウルトラマンの休日です。英語学習などの私のTwitterは@toeicscoreup123

17550分の英会話をやってきました:D!!(リライト時現在は18000分突破)2年間、非ネイティブ講師とネイティブ講師のオンライン英会話をほぼ毎日受けてきた経験や実際に会話をした内容をふまえて、

初心者は非ネイティブ講師かネイティブ講師かどちらを選ぶべきかを解説していきます!!!

オンライン英会話とはスカイプなどのネット回線を用いた映像付きの電話を用いてネイティブや非ネイティブの方と英会話をするオンライン型の英会話教室。

マンツーマンで行われることや時差があるので、夜中の23時30分であっても”have a good day.”なんて言われて、残りの30分を楽しく生きなければなどと思わされるのが大きな特長。

フィリピン人講師か?ネイティブ講師か?

結論からいくと、断然フィリピン人講師です!!!初心者は絶対フィリピン人講師(非ネイティブ講師)を選んでください!!理由は以下の通り。

1. ネイティブ講師は言い回しが豊富すぎる!!!

ネイティブ講師は言い回しが本当に豊富なんですよ。本当に。一度英会話を録音したものを何回も聴き直して書き取りをしてみました。ネイティブの音声は、「こんな言い回しがあるのか。」という連続…。

日本語で考えてみてください。

私たちは日本語ネイティブですが、「英語がここまでできるようになった。」という一言でも数えきれないほどの言い回しが瞬時に思いつきませんか?

「英語力がだいぶ伸びた」「英語ができるようになった」「昔と比べたら英語力が雲泥の差だ」「今考えると、昔の英語力は目も当てられない」などなど

一言をとっても本当にたくさんの言い回しもありますし、ことわざなどを用いて表現することもあります。ネイティブ講師は悪気なくこういった言い回しをしてしまいがちです。

例えば、フィリピン人講師なら”My English has improved.”というのをネイティブ講師たちは”My English has improved.”以外にもこんな感じで言います。(実際に言われました。)

“My English gets better.”

“My English has come a long way.”

後々調べればわかりますが、スピーキングという瞬発さが必要な場面において、こういったフレーズがバンバン出てくると初心者は、「あぁ…やっぱり英語むりんご。」となるわけです。なので、

非ネイティブの言い回しの少なめなフィリピン人講師の方が適しているのです!!!

フィリピン人と話せるオンライン英会話を次の5つだけ!!!

  • レアジョブ:25分あたり129円〜(最安プラン4536円〜)
  • Native Camp : レッスン回数無制限!!(最安プラン5950円〜)
  • Kimini : 月額2980円の超安値から〜
  • DMM英会話 : 月額5980円〜(私はDMMで2年間英会話やってます。)
  • Best Teacher : 月額12000円〜(ライティング添削もしてくれます。)

2. リエゾンの嵐

リエゾンとは、「an apple」のことを「アナポ」みたいにくっつけて発音する現象のことです。

アメリカ人のリエゾンはなんと書けばいいのかわかりませんが、すごい「ああこれぞ英語」って感じのリエゾンです。オンライン英会話でアメリカ人講師に「オンライン英会話中はわざとリエゾンをなくすように話している」と言われたことがあります。アメリカ人やイギリス人などのネイティブの方と話せることが本当の意味で英会話って感じなのかもしれませんが、初心者の方はまずはセルビア人やフィリピン人を経由しましょう。個人的にはセルビア人の方と話しているとめちゃくちゃ内容が理解できるので楽しいですね。

3. 英会話のスピーキングの速度が速い

アメリカ人やイギリス人は本当に話す速度が速いです。南アフリカの方も英語ネイティブですが、本当にネイティブは喋るのが速い。速いので、

「ユックリハナシテ」

と言うと、30秒くらいゆっくり話してくれるのですが、大体すぐに戻ります。哀しい。まあ日本語を25分間わざとゆっくり話せと言われても難しいですもんね。仕方はないのですが…笑

実際に話されている英会話の内容はこんな感じ

それでは、実際に私が受講したのちに録音した音声をノートに書き留めたものの一部を発言内容をそのまま紹介していきます。録音が聞き取れなかった箇所は@で表しております。すみません。(なお、講師と私の名前等の個人情報に関する箇所は個人の特定がされないよう作為的に変更しております。)

①フィリピン人講師

Me: It’s really cold here.

Teacher: Oh really? What is the temperature today?

Me: I’m not sure, but just a moment. Can I search the web for it?

Teacher: Of course.

Me: around…10.

Teacher: Ten degree?

Me: Yes, ten degree.

Teacher: Wow, I heard winter is over already.

Me: Hmm… it’s still winter.

Teacher: I see, O.K. Do you like the cold?

Me: No no no!

Teacher: I think so.

Me: I’m envious of your countries’ temperature.

Teacher: Yes. I think so, Now is around…Let me see… 20 degrees, in Manila, very warm.

Me: Can you swim in winter?

②アメリカ人講師

Me: That system is really…how can I say…terrible, I think.

Teacher: Really? Well I think @ kinds of transition but it might help you to know that @ will @. Skype will eventually go away. So it will be left @ the new system.

Me: transition? Please tell me that again.

Teacher: So that skype will eventually go away. We will only have a new system.

Me: Just a moment.

Teacher: Skype will be eliminated.

Me: Really? How are you talking to me?

Teacher: Right now I’m using skype but in the future skype will be eliminated, and we will only have a new system which also have a call @ ability to make a calls.

Me: On DMM site?

Teacher: Yes.

いかがでしょうか。アメリカ人講師の発言にある”transition”や”go away”や”eliminated”など急に言われると卒倒してしまうような単語やイディオムが勢ぞろいです。transitionと言われて文脈が掴めなかった私はPlease tell me that again.と言ってます笑

しかもアメリカ人講師は聞き取れなかった箇所である「@」があります。フィリピン人講師は本当に単語までほとんど全て聞き取れるのですが、やはりリエゾンやスピードの関係でアメリカ人の英語はまだまだ聞き取れません。

初心者に適したオンライン英会話講師の選び方について

今まで国ごとにネイティブと非ネイティブの英語の違いについて解説してきましたが、フィリピン人講師の中にもものすごく流暢に早く英語を話される方や言い回しが豊富な方もいらっしゃいます。また、各先生ごとによって発音が全然違います。私はセルビア人講師の英語がすごく聞き取りやすいのですが、何人かの先生は発音の関係で何を言っているのかほぼ聞き取れない方もいらっしゃいました。(もちろん私のリスニング力不足です。)ですので、リスニングが慣れないうちは、

  1. 自分が聞き取りやすい先生を探し、お気に入りの先生を見つけましょう。
  2. 次に、その先生と何ヶ月も話し、まずは英会話というものに慣れます。
  3. その先生との英会話に慣れてきたら別の先生と話してみる。

このような感じです。千里の道も一歩からです!!頑張っていきましょう:D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ニシジマ

ゆとり世代ど真ん中に爆誕。円周率は3だと信じて疑わない。大学卒業後,予備校で勤務しており,化学を担当。主な業務は,模擬試験作成と入試解説の執筆。大学時代の専攻は物理化学であるが,難解すぎて意味があまりわからない。