英語学習やTOEICの勉強を始める人や変わりたいと考えている大学生と社会人が捨てるべき5つの生活習慣

ある方法を継続して、偏差値29から1年半で一気にTOEIC L&R 775点まであげたわいあんです。今日はその方法について解説していきます。

この記事では、

「どうすれば、成果を出せるの?」

「変わりたいんだけど、なかなか変われない。」

「何をしたいのかが定まらずになんとなく日々を過ごしていて苦痛だ。」

と悩んでいる大学生や社会人のあなたに変えるべき習慣と捨てるべき習慣について解説します。

結論から言うと、以下の習慣を辞めれば成果が出てきます。

  • 何となく実はどうでもいい飲み会に行く
  • YoutubeやSNSをずっと見ている
  • 通勤・通学中に音楽を聴いている

ちなみに、ここに書いている記事は全て私が行った方法で、まだ中途半端ですが、これできちんと成果が出ました。また、今後もこの方法を続けていき、現在の775点より大きな成果(直近の目標としては、TOEIC L&R 840点)を出すつもりです。英語学習などの私のTwitterは@toeicscoreup123

私のスコア。点数が上がるにつれて、勉強のモチベーションも上がる。

行動・習慣・環境を変えてしまおう

何となく飲みに行くのをやめよう

私は学生時代も社会人になってからも何となく飲みに行くということが多々ありました。単純に予定がないからとか寂しいからなど特に理由もなく予定を埋めようとしていました。この生活をした結果は以下の通りです。

  • お金が減った
  • 何も得ずに年を重ねた

本当に、一時的などうでもいい『寂しい』とか『充足感を得たい』という感情に振り回されて予定を入れていました。そして、お金だけがどんどん減っていく。そういう繰り返しでした。やはり、英語学習は長期戦なのでどうしても短期的に成功は得られませんし、苦しい期間も長いとは思いますが、結局のところ短期的で安易な解決方法(充足感を得たいから飲みに行く)をしていても2年後、3年後に何にもならないことに気付くだけです。

本当に、ただ不毛ですね。

こういう習慣がある人はすぐにやめましょう。何となく飲みに行くというのは百害です。ただし、本当にこの人と飲みに行きたいなと心から思う飲み会は切る必要はありません。それはあなたにとって必要な飲み会だからです。何でもかんでもほいほい行くのは時間とお金を消費するだけです。絶対にやめましょう。

この習慣をやめることで、『将来に投資をする時間』『本当の意味で自分のために使えるお金』が増えます。

お金と同様に時間も有限なので、無駄をどんどん省いていきましょう。最初は辛いですが、TOEICの点数など目に見える英語学習の成果が出てくると、

飲み会による充足感<<努力で勝ち得た充足感

なので、少し寂しいや充実していないと感じても大丈夫です。成果が出れば、飲み会なんかで埋まる充足感をはるかに越える充足感が得られます。

だらだらYoutubeを見るのをやめよう

だらだらYoutubeを見たり、TwitterやFacebookを見たりするのは最悪ですね。私も英語学習に本気で取り組む前まではYoutubeでお笑いをずっと見ていました。しかも、もうオチも完璧に覚えるくらいまで同じ芸人のお笑いを見続けていました。お笑い芸人になるなら勉強家なのですが、私は別にお笑いのセンスがあるわけではありませんし、NSCに入る予定も今のところないです。

つまり、不毛な時間ですね。これも。

絶対にやめましょう。私は外にいるとき(通勤の電車の中、休日にファミレスに行って勉強、昼休みにご飯を食べに行く)は英語の勉強に集中できるのですが、家に帰ると全くできません。偏差値が20くらい下がります。

なので、家ではオンライン英会話以外の勉強はほとんどしないのですが、代わりに、Youtubeで与沢翼さんの音声動画やマナブログさんの動画を見たりして、勉強やブログを書くことに対するテンションを上げています。自分一人で勉強に対するモチベーションを上げることは難しいので、外部の情報(Youtubeの英語動画やTwitterの配信)でモチベーションを上げています。

とにかく、自分の人生と関係のないYoutube動画を見るのはやめましょう。時間の無駄になります。めっちゃ頑張って休憩みたいな感じで見ましょう。だらだらは本当に良くない!!!

私も常にモチベーション高く英語の勉強をしているわけではありません。こういう意味のあるYoutubeを見てテンションを無理やりあげているのです。

音楽を聴く代わりにリスニングをしよう

私のウォークマン。毎日ノイローゼになるくらいTOEICのリスニングを聴いている。

Mr.Childrenもあいみょんも素晴らしいアーティストですが、あなたの往復の通勤1時間は1日24時間の中で非常に大きな時間です。

特に私のようにサラリーマンの方は、1日の中の1時間ってめちゃくちゃでかくないですか。こんなに大きな隙間時間は他にはありません。

Mr.Childrenやあいみょんに捧げている場合ではないのです。

私は、終わりなき旅や蘇生を聴く代わりにTOEICのリスニングを始めました。

リスニングは基本電車の中でしかほとんどやりませんが、次のような成果が表れました。

  • 2017年10/22実施 295/495
  • 2019年3/10実施 395/495

少しずつですが、成果に表れています。

本を読む代わりに教材の英文を読もう

読書を辞めました。(2019年4月現在は、少しだけ読書の時間も取っています)

大学時代はよく伊坂幸太郎、東野圭吾、恩田陸、森見登美彦、宮部みゆき、村上春樹など色々大学生が読みそうな小説を読んでいました。また、社会人になってからは小説はストップして、エッセイや歴史の本をよく読んでいました。国語力があまりないので信じてもらえないないかもしれませんが、本を読んで精神的な安定を図ってたところもあって好きでした。

が、それも辞めました。

これは賛否両論あるとは思うのですが、小説って結局嘘の話だし、エッセイは主観だし、歴史や経済などの本も意義はあるけど直接的に私の人生には関係ないかなというところで、今自分はどこを伸ばしたいのか?ということを考えた結果、本を読むのを辞めてその時間を英文を読むことに当てました。

本を読むのを辞めるということについては、英語が自分で納得できるところまできたらもう一度、ゆったり小説を読めたらいいなとは思っています。

何かを始める時は、何かを辞めるとき

なので仕方がないです。

とにかく、自分のやるべきことにのみフォーカスしよう!

Facebook・LINEを消そう

LINEを消しました。これははっきり言ってかなり暴挙だとは思うのですが、自分の人生をやり直したい、変えたい。今変えないと30歳になっても同じ繰り返しの人生だなと思って消しました。

で、めちゃくちゃ近しい10人程度とだけ繋がっている状態になりました。

これは、LINEだけに、自分でもかなり微妙なラインですが、今は消してよかったと思っています。誘いは一切来なくなりましたし、友人もある意味減った(?)のかもしれませんが、私の英語力が伸びて、例えば仕事が変わったりして大きくなった時に、本当に仲の良かった友人とは連絡を取り合えるのではないかと思っています。

だらだらよくわからない付き合いをいろんな人としている人生より、人生を変えるためには一旦、バッサリ切ってしまって山籠りをするという期間がどうしても必要なんじゃないかなと思います。

人生は常に選択の連続ですから、だらだらよくわからない付き合いをし続けてぬるいお湯に浸かりながら自分の人生も変えようなんて甘いのだろうと思っています。

ここまですると結果を出さないとLINEを消した意味が!!!

ともなりますしね笑

とにもかくにも、私もまだまだですが、このブログのテーマでもある、『人生を変える』という壮大な作業をしようとするなら、まあLINEくらい消してみろよ笑って話ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ニシジマ

ゆとり世代ど真ん中に爆誕。円周率は3だと信じて疑わない。大学卒業後,予備校で勤務しており,化学を担当。主な業務は,模擬試験作成と入試解説の執筆。大学時代の専攻は物理化学であるが,難解すぎて意味があまりわからない。