ナチュラルな英文を話せるようになるためのオンライン英会話の受講の方法を解説!

ナチュラルな英語を話したい

オンライン英会話を2年半受講しています

20000分以上英会話してきました:D

どうも、こんにちは!予備校講師の休日です!日頃はTOEICやオンライン英会話についての話をTwitterなどで情報公開しております!休日は英語、平日は化学をやってますね!

オンライン英会話を2年半ほど受けておりまして、20000分以上受講してきました。その中で、どういう風に予習をすればいいのかについて、もう少し詳しく言うと、どういう風にすればナチュラルな英語を話せるようになるのかについて少し解説していきたいと思います。

私独自の経験談なのでどこまであてはまるかはわかりませんが、どなたかのお役に立てればと思い書いていきます!!!

何も見ずに英作文を書くのは間違い

非ネイティブ講師はナチュラルかどうかは判断できない

私見で申し訳ないですし、20000分の英会話を受講してきた個人的な経験に基づく話なのですが、非ネイティブ講師は、『文法的に正しいかどうかを判断することはできても、その英文がナチュラルかどうかを判断することはできない』ということに気づきました。

これは、ネイティブ講師に自作の英作文を添削してもらった時と、非ネイティブ講師に自作の英作文を添削してもらった時の赤の入る量が圧倒的に違うんですね。

私は英文を作る時に、文法的に間違っていないようにできる限り自分の知ってる表現だけで英文を作ろうとします。そして、ここの部分は時制の一致をするのか?過去形でいいのか?などを考えた上で英文を作るんですね。

そして、その英作文をネイティブ講師に見せると、

「文法的には間違っていない。…がしかし!ナチュラルでない。」

と言われるんです。そして、同じく私の英作文を非ネイティブ講師に見せると、

「よく書けている。全部合っているよ。」

となるのです。これは非ネイティブ講師を非難する話ではありません。(私個人としては、寧ろネイティブより非ネイティブと話す方が英語力が向上すると考え、一度ネイティブ講師のプランを受講していたのを非ネイティブ講師に戻したくらいです。)

非ネイティブ講師を選択するメリットについてはコチラの記事をお読みください。

とにかく、私の結論としては、非ネイティブはナチュラルかどうかを判断できない。ということでした。これは、予備校で働いているのですが、英語科の方に聞いても同じくナチュラルかまでは判断できないとのことでした。(もちろん、当たり前のレベルでのナチュラルさは判断できるとは思いますが笑 電話かかってきてWho are you?はダメだろみたいなね。)

どうすればナチュラルな英文を話せるようになるのか

上記の理由で、非ネイティブに英文添削をしてもらうのは、基本的には不可だということはわかりました。非ネイティブに添削してもらうとこうなる。という話を具体的にしていきたいと思います。

明日のオンライン英会話の英作文のテーマを、『子供の勉強への意欲』として書いていきました。

『自ら学ぼうとする意欲を掻き立てることは重要だ。』という文章を何も見ずに書いたとします。

It’s important for children to make their motivation toward learning by themselves.

はい、書きました^^

これを非ネイティブに添削してもらうと、「合ってるよ!」と返ってきます。

文法的には合ってるんだと思うんですよ。ただ、ネイティブはこうは言わない。

日本語に置き換えると、

外国人が、『学びに対するモチベーションが子供たち自身によってできるということは重要だ。』という文章を書いてきたらどう思いますか?

文法的には合ってるし意味はわかるけど、日本人はそうは言わないな。私だったら、『勉強意欲を自発的に掻き立てられるということは大事なことだ。』って言うかな?と思いませんか?

非ネイティブに添削してもらうと、

『学びに対するモチベーションが子供たち自身によってできるということは重要だ。』止まりになるんです。

そして、この英文を覚えようとするから、いつまでもナチュラルにならない。

ではどうすればいいのか?それを解説していきます。

ナチュラルな英文を話し、書けるようになる予習方法

明日のオンライン英会話用に今日、予習をしましたので、そちらを具体例に話していきます。

①まず、英文のテーマを考え、文章を作ってみる

明日のオンライン英会話のテーマは、『子どもの勉強意欲』です。子供の勉強に対する自発性について書きたいなと思い、

『自ら学ぼうとする意欲を掻き立てることが最も重要だ。』

という文章を書こうとします。

It’s important for children to make their motivation toward learning by themselves.

しかしながら、これでは、不自然な英文です。

②自分の英文を検索してみよう

作成した英文の中でキーワードであるchildren motivation learnなどで検索します。もしくは、student study interest loseとかでもいいでしょう。

そうすると、子供の勉強意欲と興味に関する英文がたくさん出てきます。

「Yahoo検索より『student interest lose learn』で検索」を引用

たくさん、自分の書きたい内容に関する、ネイティブの英文が出てきます。

これらを読んで自分が思う内容が見つかり、かつ、使いやすそうな英文があれば抜粋です。

そうしてできた英文がこちら。

英語の予習で書いた文章

Developing increased willingness to learn independently is the most important. Letting kids be themselves is important. I know that that’s easier said than done but parents should not force their children to study since they lose their interest in studies.

という文章です。ちなみに、最初のincreased willingness to learn independentlyなどは、

ん〜。積極的に学びたいと思う心か。willing to do使おうかな。よし、『willing to learn』で検索っと。

という感じで出てきたフレーズで、自分自身ではwillingをwillingnessにするというのは思いつきませんでした。

あと、increased willingnessが表現として自然かどうかははっきり言って自己判断は不可能です。

日本語直訳で、『そういう意思を増加させること』ですからね。これが表現として適切なのかどうかなんてわかりません。

非ネイティブも相当英語を読み込んでいないと「そういう表現もあるのか」と思ってスルーされます。

そういう表現かあるかどうかのリトマス試験紙はgoogleの検索結果だということですね。google先生こそ正義です。

これを最後にダメ押しで、英文添削してもらって、授業後に覚えるということです。このループで英語がどんどん上達するというこですね!こちらからDMMオンライン英会話を登録してもらうと、無料で3回分オンライン英会話が受けられるチケットが手に入ります!

映画や本の感想はAmazon.co.jpが最高!

映画の感想文を書きたい時は、Amazon U.K.Amazon U.Sのレビューを読んでください。めっちゃいいですよ。映画の内容も知ってるから、レビューが英文でも読みやすいし。おまけに、やっぱり同じ映画を見たら、アメリカ人だろうがイギリス人だろうが思うことはよく似てますからね。自分で英文を作るよりよっぽどナチュラルな英文が手に入りますよ!Amazon U.K.ならイギリス英語を学べますね!

ここまで、「ネイティブの英文をパクれ」という話をしてきましたが、初めから何も考えずにただパクれという話じゃないんです。

まず、自分で「ネイティブならこういう言い方するかな?」と思って書いてみる。そして、自分の書いた英文のキーワードをピックアップして検索する。

検索に引っかかってネイティブも同じように書いていれば、あなたの英文はナチュラルだということになる。逆に、検索してもあなたの書いた表現が出てこなければそれはアウト。アンナチュラルだということですね。

Amazon USAより、レビューを引用。この英文を『先生』にして、英作文を作るとナチュラルになる。

最後に

ということで今回はナチュラルな英語を話すためには?という話でした。何にせよ、オンライン英会話などのアウトプットの時間を作らないと英会話力は伸びていきません。ぜひこの機会にトライしてみくださいね!こちらからオンライン英会話を登録していただくと、無料で3回のレッスンが受けられるチケットが手に入ります!また、日々の英語学習について呟いている私のTwitterもよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ニシジマ

ゆとり世代ど真ん中に爆誕。円周率は3だと信じて疑わない。大学卒業後,予備校で勤務しており,化学を担当。主な業務は,模擬試験作成と入試解説の執筆。大学時代の専攻は物理化学であるが,難解すぎて意味があまりわからない。