オンライン英会話で1年ぶりに同じ講師と英会話をするとどのくらい英語力に変化が現れているのかを解説する

1年間でどのくらい変化が現れるのかを実際に試してみた

TOEICの成績はこんな感じ

TOEICのリスニングは、1年で295→395になりました。

どうも!予備校講師の休日です。普段は英語のツイートばかりしてます。(専門は英語じゃありません。英語はただの趣味です汗)Twitterもよろしくね!DMM英会話を現在2年半ほど継続中です!

ということで、簡単に自己紹介が終わったところで、

現状の成績を紹介しておくと、

  • オンライン英会話2年半継続中(計20500分受講中)
  • TOEIC L&Rは775点(Lが395点)

1年前の成績はこちらですね。

  • オンライン英会話1年半継続中
  • TOEIC L&Rは610点(Lが295点)

といった感じです。TOEICのListeningは495点満点なので、単純計算すると、TOEICのListeningは、59.6 % → 79.8 %に上がった感じです。

で、どうしてその講師の授業を1年間も受講しなかったのかというと、

1年前の私「は?マジでわからん。早口過ぎる汗。何言ってるんじゃ〜。」

となり、このままではオンライン英会話を継続するのが嫌になると思い、一旦その講師から離れることに。ちなみにその講師は非常に良い方なのですが、多少スパルタなところもあり、軟弱な私には厳しかったわけで…。

ということで、気を取り直し、他の講師の授業を1年ほど受けつつ、TOEICの勉強をやってました。そして、TOEICの点数が610→775になったので、久々その講師の授業予約ページを見てみると、

「おぉぉ〜。やってるやってる!よし、久々取ってみるか!」

というわけで、Long time no see〜!なんつって取ってみました。

1年ぶりに同じ先生を取ってみました!2018年8月→2019年7月

結果は、全然違った

その講師は英語が得意

そして、今先ほどオンライン英会話でその講師と英会話をしてきたので、どういう違いがあったのかについて書いていくと、

まずは、ほぼ8割以上(いや、9割近く)聞き取れました。本気で全然違いましたね。TOEIC610の頃は全くわからなかったんですよ。(2割くらい)

その講師の英語が特に速すぎて、今もなお英語を勉強しているという方だったので、英語も得意な方なんだと思います。

なぜ、TOEIC610→775になると英会話が聞けるようになるか

端的にいうと、私のリスニング力が伸びたので聞こえるようになったというわけですが、やはりまだネイティブの方と話している時は2割もわからないような状況なんですね。

では、どうしてこの先生の英語はわかるのかというと、めちゃくちゃ簡単な英語で早く話しているからなんですよ。

イメージしやすいように例えると、英検2級くらいのリスニングを早めで聞いているような感じ。

TOEIC610点だとこんな感じ

  • 英検2級の英語リスニング×普通の速度=まあまあわかる
  • 英検2級の英語リスニング×早い速度=わからん
  • TOEICのリスニング×普通の速度=わからん

TOEIC775点だとこんな感じ

  • 英検2級の英語リスニング×普通の速度=わかる
  • 英検2級の英語リスニング×早い速度=まあわかる
  • TOEICのリスニング×普通の速度=まあまあ…まあ…わかる(かな)
  • TOEICのリスニング×早い速度=わからん

こんな感じです。そして、非ネイティブの、その先生が話す英語は、英検2級の英語リスニング×早い速度だったので、

わからん→まあわかる

に変わったという話です。平たく話してくれれば割と早くてもわかったりします。難しい表現や単語や聞きなれない表現が出てくると一瞬でノックアウトですが。

1年ぶりの同じ先生との英会話はこんな感じだった

オンライン英会話継続中!20000分達成。

1年ぶりの同じ先生との英会話。どんな感じで進んだかを書いていくよ^^

https://twitter.com/toeicscoreup123/status/1151447933239226368

めちゃくちゃわかった。何を言ってるのかもわかるし、結構返答したり、いわゆる英会話ができたということに少々感動しております。ちなみに話した内容はこちらです。(日本語訳)

私「1年ぶり。おひさ!セルビア行ってきたんや。」

講師「おぉ〜マジか。」

から始まり、

私「この美術館行ったことある?(写真を送信)」

講師「あるある。美術館は絵を見にいくからたまにいくよ。」

私(美術館の展示されている写真を送信)

講師「女の人の唇が真っ赤で、肌が白くて目がダークな黒っぽい色をしていてカーリーな髪型の絵は中世の絵なんや。」

私「中世って具体的にいつのことを表してるん?」(たしか、ここで私は、”Middle ages refers to when…exactly?”という感じの崩れた英語を話してました。

ただ、個人的に評価したいのはrefer toを言えてることと、『正確に』っていう副詞を入れて中世についての質問ができてることですね。1年前なら”I see.You know well.”止まりでしょうね笑) 

※正確には、When Does middle ages refer to exactly?”でしょうか?

その後も、セルビアの話をしながら、”How well you know about Serbia!”なんて冗談も言いつつ、終了しました。

継続は力なり。一朝一夕には英語はできませんよ

ということで、1年ぶりの同じオンライン英会話の先生の授業について解説していきました。

もちろん、その1年間の間はオンライン英会話を受けるだけではなく、TOEICの勉強を休日にしたり、色々やってましたので、一概にオンライン英会話のおかげとは言えませんが、やはり継続しないと物事は大成しないということですね。

まだまだですが、今後も英語ライフ、精進していきますぜ。ぜひ、一緒にオンライン英会話を始めてみませんか?少しずつ毎日25分受け続けていると、一気には変わらないですが少しずつ自分の中の変化を感じることができますよ!!eikaiwa.dmm.com/f/5ka69q/ から登録してもらえると、オンライン英会話の無料チケットが3枚手に入るのでぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ニシジマ

ゆとり世代ど真ん中に爆誕。円周率は3だと信じて疑わない。大学卒業後,予備校で勤務しており,化学を担当。主な業務は,模擬試験作成と入試解説の執筆。大学時代の専攻は物理化学であるが,難解すぎて意味があまりわからない。