映画『Before Sunrise』「もしこの世に魔法があるとしたら」のセリフの解釈を解説!セリフから英語を学んでみよう

映画『Before Sunrise』とは?

ざっくりとしたあらすじ

どうも!予備校講師の休日です!普段は英語の学習関連のツイートや記事を作成しておりまする。ということで、Before Sunriseについて少しだけあらすじをこれから見る人にもネタバレしないように書いていくよ!今回はBefore Sunriseの第 3 回の記事になるので、第 1 回の記事を見たい方はこちらから!第2回の記事を見たい方はこちらから!
ロケ地巡りの記事はこちらから!
そして今回は一番メインとなるセリーヌの台詞「もしこの世に魔法があるとしたら」を取り上げていきたいと思います!

今回取り上げたいシーンは、この映画で一番の名ゼリフのシーンです。セリーヌが「もし、この世に魔法っていうものが存在するとしたら。」という話をジェシーにするシーンですね。

この映画で一番取り上げられている(?)名ゼリフをチェックしていきましょう!

セリーヌ「強い自立した女性でいないとダメだと思い続けてきたわ。」

二人が訪れた教会。ホームレスの話をするシーン。冬に行ってこの写真を撮りました。外は寒かったけど、教会内は暖かかったのが印象的です。

二人は夜のウィーンの街を歩きながら、女性としてどう生きるのかということと男性としてどう生きるのかということを語り合います。

このシーンは多分一般的な男性の人生観と一般的な女性の人生観を対比させているシーンなんでしょうね。それをジェシーとセリーヌに言わせているシーン。ジェシーの言ってることをセリーヌは理解できないし、セリーヌが言っていることもジェシーは理解はできない。

そして、二人は「男は…女は…の話はもうやめにしましょ!It’s depressing.」と言ってやめにします。お互い理解しているフリ?をしている顔の表情が印象的です。

I feel this pressure of being a strong and independent icon of womanhood and not making it look like my whole life is revolving around some guy. But Loving someone and being loved means so much to me. I always make fun of it and stuff but isn’t everything we do in life a way to be loved a little more?

ずっと強くて自立した女性像にとらわれてきたわ。私の人生が男たちに振り回されないような感じ。でも、誰かを愛することや誰かに愛されることって私にとってすごく大事なことなの。私はいつもそういうことをバカにしちゃうけど、もう少しだけ愛されたいっていつも思わない?

この訳難しいですね。特に後半。なんて言えばいいのかわからん。a wayのあたりが特によくわかりにくい部分です。そして、これにジェシーは I don’t know.と返して、自分の男として生きることについて語り始めます。

I don’t know.っていう台詞ジェシーは軽く言うのですが、結局男女は分かり合えへんみたいな感じなんでしょうかね。そのあとに続く男の生き方みたいなことを語っているジェシーを見るセリーヌも、納得しているような納得していないような顔です。ジェシーはセリーヌのセリフの後、男として生きることに対してこう続けます。

means so much to me.とかは英会話で使えそうですよね!私は抜き取ってノートにメモって今度使おうと思います!

多分こんな感じで使います。

Some people say love is more important than money, but how much I can earn means so much to me. That’s why I’m wondering if I would change my job.

とかね。こうやって自分が普段言うようなことに入れ込んでいくとどんどんフレーズが増えていきますよ!オンライン英会話は英語のフレーズを覚えるには最適です!よかったら私と一緒に始めてみませんか?eikaiwa.dmm.com/f/5ka69q/から私が毎日受講しているDMM英会話を登録していただけると、3枚の無料レッスンチケットが付いてきます!

I don’t know. Sometimes I dream about being a good father and a good husband. And sometimes it feels really close. But then other times, it seems silly like it would ruin my whole life. And it’s not just a fear of commitment or that I’m incapable of caring or loving because I can. It’s just that, if I’m totally honest with myself I think I’d rather die knowing that I was really good at something that I had excelled in some way than that I had just been in a nice, caring relationship.

わからないけど、時々、良き父や良き夫になることについて夢見ることもある。そして、時々そういう感覚をすごく理解できるようになることがある。でも、また違う時には、そういうことが馬鹿げていて人生の無駄のようにも感じる。それは、父になるとか夫になるということの役割に従事することに対して怖いと感じたりするんじゃないし、家族を背負っていったり愛したりすることができないというわけじゃない。だって僕はそれができるから。ただ、本当の意味で自分に素直になった時に、自分は単に良い家族関係を築くことよりも何か大きい業績を作れるものが自分にもあるんだっていうことを知って死にたいんだ。

長いですね。そして、セリーヌが言うセリフとジェシーのセリフ。全く逆の感覚ですね。これは先ほども言った通り、多分、一般的な男性の性と女性の性を描いているんだと思います。

つまり、女性は『愛』を何より重要視する一方で、男性は『愛』よりも名を残すような何かしらの功績に命を懸けているということですね。まあジェシーもセリーヌもベタな男と女の代表って感じなんでしょう。最近の人は何かしら功績をなんて思うのかな笑

ちなみに私はゆとり世代の1990年代頭に生まれた人ですが、功績を!!なんていう思考は毛頭ないですね。どうでもよくて、とりあえず金が欲しいわ。

ロマンス映画の解説しながら金が欲しいってどないなん?って感じですが笑w

セリーヌ「もし、この世に魔法があるとしたら…それは…」

二人が訪れた喫茶店のシーン。100年くらい続いている老舗のカフェなんですが、何も中の様子レイアウトは変わらず、映画のセットそのままでした!チョコミルクを頼んだのですが、トレーも全く同じ銀色。
地球の歩き方を見ながらロケ地を探す。

セリーヌはジェシーの男の生き方についての話を聞いてこのような話をします。ここが、名ゼリフですね。もはや丸暗記して、誰かに言いたくなりますね。今度英会話で誰かに言おう…笑

You know, I believe if there’s any kind of god, it wouldn’t be in any of us, not you or me, but just this little space in between.

あのね。もし神様が存在するんだとしたら、それは私たちの中にいるんじゃない。あなたの中でも私の中でもない。ただ私とあなたの間のこの小さな空間に存在するんだと思うの。

つまり、セリーヌが言いたいのは、一人一人が心の中に『神様』という存在がいるわけじゃないんだよ。ただ、二人の人の間に神様というものが存在するんだと思うの。と言うわけです。

そして、補足するようにこうセリーヌは続けます。

If there’s any kind of magic in this world, it must be in the attempt of understanding someone, sharing something. I know it’s almost impossible to succeed, but who cares, really? The answer must be in the attempt.

もしこの世に魔法が存在するとするなら、それは人のことを理解しようとして何かを共有し合おうとすることだと思うの。もちろんうまくいかないことだってわかってる。でも気にしないわ。魔法っていうのは人のことを理解しようとする気持ちのことだと思うよ。

セリーヌ素敵ですね。今度、あたかも自分が考えたセリフかのように喋ってみますね!

最近Before Sunriseでも見たん?とか突っ込まれそうですが笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ニシジマ

ゆとり世代ど真ん中に爆誕。円周率は3だと信じて疑わない。大学卒業後,予備校で勤務しており,化学を担当。主な業務は,模擬試験作成と入試解説の執筆。大学時代の専攻は物理化学であるが,難解すぎて意味があまりわからない。