第243回TOEICお疲れさまでした!感想とスコア800を越す戦略

とりあえずお疲れさまでした!

スピーカー前の座席は素晴らしい

とりあえず、第243回(2019年9月29日実施)のTOEICの受験者様お疲れさまでした!私のTOEICに関してつぶやいているTwitterはこちら。

今回の会場はいつもとは別の大学でしたが、設備が結構整っていて良かった!しかも、座席はスピーカーの目の前。スピーカーの穴がしっかり見えるくらいの位置でした。

むしろうるさいんじゃないか?とも思ったんですが、結果的には良かった。かなり近い距離感でもそんなにうるさく感じないものですね!

スピーカーの前はTOEICの偉い人と繋がりのある人だけが座れるコネ席なのかっ!と勘ぐっていましたが、平民の私にもあの座席が回ってきました。

難易度はいかに?パート別に語る

具体的な問題内容の話はできませんが、パート別に手ごたえや難易度について解説していきます。(勝手な個人の感想)

Part 1

そんなに難しいのがなかった気がします。いい感じでした。全部合ってるんじゃないかなあ。

Part 2

TOEICを勉強し始めて早1年半ほど経つんですが、今回初めて『目を瞑って』リスニングをするという作戦を取り入れました。

というのも、私ニシジマ(筆者)は、気が散りやすいんですよ。リスニングの集中力と眠れない時に寝ようとする(=何も考えない)集中力って似てるなあなんて思いながら試験を受けてました(←もう集中してない)

結果はいい感じだと思います。リスニングの点数を上げる効果的な方法としては、

  • 目を瞑る(目からの情報をシャットアウト)
  • リスニングで言ってることを読む

2個目の『リスニングで言ってることを読む』ですが、「はっ?」て感じですよね。何ていうか、リスニングで言ってることを読む感じなんですよね。英語をそのまま読む感じ。

すると、リスニングのスクリプトってリーディングほど複雑じゃないから結構何を言ってるのかがわかるんですよ。

Part 3・4

Part 2と同様ですね。目を瞑りました。目を瞑ってる様子を試験監督に見られてないかという自意識のせいで気が散りそうになりましたが、なんとか笑

いや見られててもええやろ笑

という話なんですけどね笑 何か集中しないといけない時ほど集中できないみたいなことってないですか。

ああそうですか私だけですか。

Part 5

これも瞬殺問題が多かった気がします。具体的には、品詞で選ぶタイプの問題とか、後ろが『節』なのに選択肢がeven if, in spite of, despite, in addition toみたいなやつ。

時短できました。ここまでで13:55というペース。なかなか上出来。

Part 6

もう何も文章覚えてませんが結構いけたかなあ。と思う。そんな印象。時間も予定通りの14:07終了でした。

Part 7

シングルパッセージとダブルパッセージに命を懸けて、トリプルパッセージは1文目だけを読んで1問目だけを答える。

という方針でしたが、結構上手くいきました。具体的にはシングルパッセージは14:35終了。その後、ダブルパッセージに移行して予定通り14:52くらいに終了。

残りの8分間でトリプルパッセージの上澄みをかっさらう作戦でした。

上手くいったんじゃないかな。

試験を受けてみて。今後の戦略を語る

TOEIC800超えた?

TOEIC800超えたような気もするし、超えなかった気もします。

でも超えた気がするんですね。

超えました。

超えました(?)

ということで、試験前から何度か唱えてましたが、TOEICとは『脳みそに入れてるかどうか』を確かめるテストではなく、『脊髄反射的に』引き出せる能力を測る試験だなということをつくづく感じました。

じゃないとあんな膨大な量終わらないよ!

なので、そもそも論として、TOEICに出てくる構文などで悩んでる場合ではないというか大前提として構文などは取れるのが受験する上での『普通』というか『ベース』みたいなもんで、

それをどのくらい反射的に思い出せるかということを問う試験だなと感じました。特に800以降は多分そう。

なので、12月にまたTOEICを受験するつもりですが、それまでに公式問題集0~5のLパートは『聴き取れなかった箇所』とRパートは『一瞬で』読めなかった場所

をピックアップして全部覚えようと思います。

具体的には、

そういう表現を知らないが、前後の文意により予測できただけの箇所

(”I would like to open a second location there in time for the summer tourist season.”みたいな英文を見て、in time forという表現を知らなかったが前後の英文より推測できた箇所)

その単語の意味を一瞬で把握できなかった箇所

(”it will be demanding for management.”と言われて、managementが一瞬で経営陣と出てこなかったらその時点でアウト。みたいな感じ。)

こういう箇所を重点的に抜き出して文意などに頼ることなく一瞬で解釈できる力を養成しようと思うっち。

おやすみん^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ニシジマ

ゆとり世代ど真ん中に爆誕。円周率は3だと信じて疑わない。大学卒業後,予備校で勤務しており,化学を担当。主な業務は,模擬試験作成と入試解説の執筆。大学時代の専攻は物理化学であるが,難解すぎて意味があまりわからない。