英語は最初は5分間の勉強で充分!いきなり10時間できなくてOK!英語力の向上に伴って精神力も向上する話

何事もそうですが、いきなり人は頑張れません

最上級者の話を鵜呑みにするな

この記事は、これから英語勉強していこう!と考えている方や勉強がなかなか続かない方に向けに3年ほど勉強した私からのアドバイス記事です。ちなみに私は仕事で学生相手に学習指導等もしております。

英語学習の初学者が上級者に勉強法を尋ねたときによくある流れなのですが、

「私は1日10時間勉強していてそれを5年続けた結果話せるようになりました。だから、同じように頑張ってみてください!」

というアドバイスを聞いて萎えるパターンです。

実際にこのアドバイスは真理を射ていて、1日10時間を5年、あるいは10年と勉強することによって話せるようになるんですが、個人的にこのアドバイスは不適切ではないかと思うのでその辺を解説していきます。

勉強を続けるコツを段階別に書いているのでぜひ読んでみてください!

英語力の向上と共に精神性も磨かれる

私は現在、TOEIC775で、学習をスタートさせた3年前は英語の知識はほぼありませんでした

ほぼない、というのは流石に大袈裟ですが、具体的に数字で示すと、

高校時代に英検2級を取得、センター試験は158点(200点満点)

でしたが、その後、大学入学後4年間と社会人になって数年間(計7年程度?)は完全に英語を放置していたため、

大人になって勉強を再開した時にはテキストに載っている『使役動詞』・関係代名詞』・『分詞構文』などの文字がセピア色に見えました。

なんのこっちゃ?てか英単語も忘れたし…。

とまあそんなこんなで勉強をスタート。最初の半年間ほどは5分勉強して、やっぱ辞めた~^^ Youtube~!なんてザラでしたね。

そして、現在は、予定のない休日は図書館に行って4時間ほどは勉強できるようになりました。また、電車の中ではずっとTOEIC公式問題集を読んでます。

そんな感じで、英語力の向上と共に自然と無理なく勉強量は増えていくわけです。

今は、土日などの休日に図書館で4時間ほど英語の勉強をするのも苦痛ではなくなりましたし、TOEIC公式問題集を読んでるのもそれほど苦痛ではありません。

もちろん、YoutubeやNetflixを見たりしている方が100倍楽しいんですが、まあできるといった感じです。

成績向上が先なのか、勉強量が先なのかと言われると難しいですが、成績向上するにつれて自然と長時間勉強することに慣れてくるので心配ないです。

むしろ、今日から頑張ります!と意気込んでいきなり10時間勉強し始めるタイプの人は、1週間も続かない人が多いでしょう。

いきなり10時間勉強というのは、ボディビルダーにどうすればあなたの様な身体になりますか?と質問をして、そのボディビルダーと全く同じトレーニングを初日から行うようなものです。

なので、まずは『やった』だけで十分

まずはテキストを開く(1日目~21日目)

さて、勉強が続かない方にまずおススメしたい考え方は、

『テキストを1回でも開いたら勝ち!』

これを徹底してください。韓国語のことわざで『始まりは半分』というのがあります。始めたらその時点で半分は終了していて、あとは続けるだけということわざです。

つまり、そのくらい最初の初動ってしんどいんですよ。本当に鉛筆を持つところ、ページを開くところが一番しんどい。

あとは『慣性の法則』のごとく放っておいても勉強は続くので。静止摩擦係数が動摩…とにかく、

『テキストを開く』という行為に慣れる。これを3週間続けてください。

開いたら見開きのページだけ何となく読んでみる。読んだら次のページを読みたくなるかもしれないし、読みたくなかったら閉じれば良い。

とにかく5分だけ英語と向き合ってみてください。この段階では英語力は1mmも伸びていなくてもよいです。

英語が生活の中に入ってきたという感覚を刷り込む作業をしている段階です。

テキストを開くのがどんどん慣れてくる(22日目~60日目)

『テキストを開く』という行為を3週間続けると、『テキストを開く』という事実に重みを感じなくなります。

生活になじんで当たり前になってくるんですね。これが非常に大事。

この段階が終了したら、次の段階です。

ここからいよいよ英語学習の開始です。

毎日5分やっていた勉強を10分にするのです。

10分だけ頑張りましょう。英語力が伸びていなくても全然OKです!

そもそも10分しか勉強していないのに英語力が伸びると考える方が無理があるので。

『英語を勉強する』という行動をとっていますがこれはあくまで英語力向上のためではなく、『英語を勉強するのが当たり前』という感覚を身体に覚えこませている段階です。

じっくりいきましょう。伸びなくていいのです。あくまで目的は英語学習が生活の一部だと自分の頭や身体に認識させる段階です。

洗脳の段階ですね!これが終われば初めて英語学習がスタートします。

英語学習が当たり前になってくる(61日~)

いよいよ英語学習がスタートしていきます。人間刷り込みにかかる時間は3週間とか2か月とか色々言われますが、個人的に色々やってきた結果としては少なくとも2,3か月は必要だというのが見解です。

それでは本格的に英語学習をスタートさせましょう。まずは一番やりたいと思う学習からスタートさせます。

英語学習においてまず重要なことは『自分をとことん甘やかせながら学習する』ことです。

単語の勉強をしたければ単語。文法であれば文法。フレーズを学びたければフレーズを覚えていく。

まずは自分の好きな勉強から始めてみましょう。

そして、気づく。これでは伸びない。改善をしよう

自分の言いたいフレーズを勉強しようと思い、フレーズ集を購入。

覚えてみるもどういう並びで英語が構成されているか理解ができずに丸暗記のような状態になる。

ここが正念場です。

ここでやめると終了です。やめないでください。

なぜ丸暗記になってしまうのかを考えてみてください。

出てくる英単語が難しすぎるのであれば、嫌かもしれませんが、まずは英単語の補強です。文法的な解釈に問題があるようであれば、嫌かもしれませんが、まずは文法書を読みましょう。

きっとテキストを5分開いて閉じていたあの頃よりはハードルが低い状態で勉強を続けられるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ニシジマ

ゆとり世代ど真ん中に爆誕。円周率は3だと信じて疑わない。大学卒業後,予備校で勤務しており,化学を担当。主な業務は,模擬試験作成と入試解説の執筆。大学時代の専攻は物理化学であるが,難解すぎて意味があまりわからない。