LECの通信講座を申し込んだ。38万円を払ったときと勉強初日の話をしたいと思う。

LECの通信講座を申し込んでみた。勉強初日の流れ。

38万円は大金なのである

弁理士試験受験勉強初日の様子

 どうも、A社の従業員甲です。LEC梅田校に行って,弁理士講座(宮口先生の通信コース)を申し込んできました。
 どうして通信コースなのか?申し込みってどんな感じ?勉強初日の気持ちは?など色々LECの講座を申し込んだ時の『初めて』について語りたいと思います。
 いやあ〜覚悟したよ。本当に申し込む前の日(2021年3月13日)はめちゃくちゃ悩んでた。だって,申し込んだら絶対勉強することになるし,お金も半端じゃない額がかかりますからね。

38万,正確には38.5万円かかりました。紀伊国屋書店にいくと1万円安く講座を申し込めるみたいだったので,梅田の紀伊国屋書店で申込書の一部を記入。仕組みはよくわかりませんが代理店申し込みだと安くなるそうで。

梅田の紀伊国屋書店に行ってきた。

正直言って,今の私には小さい額とは言えませんし,一人暮らしを初めた時の初期費用よりも何よりも人生で買った買い物で最も大きい買い物でしたからね。

さて,色々な『初めて』について語っていこう。

通信コースを選んだ理由

どうして通信コースなのか?

自宅で受講中。

どうして通信コースなのか?ということですが,これは単純に『宮口先生』の講座を取りたかったから。予備校で私も働いているんですが,やはり『講師を誰にするか』はめちゃくちゃ大事だと思います。

LECだと,佐藤先生,納富先生,宮口先生,江口先生あたりから選ぶことになると思います。

江口先生も良い先生だなと無料講座を受けて思ったのですが,やはり私は宮口先生が一番いいなと思いました。単純に聞いていて楽しいかどうかってめっちゃ大事だと思うんですよね。

宮口先生はキャラクターも楽しげな先生ですし,例え話がわかりやすいなあと思いました。あと,マーカーを使って対比させたりする授業形式が頭に入りやすそうだなと思って選びました。あと,一発合格の実績が一番良い。

おそらくYoutubeにあがっている宮口先生の動画はほとんど見たかと思います笑

私個人としては宮口先生推しですが,あなたも合う先生をじっくり探して受講してほしいです。

通信のメリットも今日色々感じたからまた書いていきたいと思う。本当は対面で受けたいけど,宮口先生は東京の先生だからね…せむかたなし。

申し込みの前日と当日

申し込みの前日

LECのパンフレット

「あぁ明日申し込むのかなあ?もし申し込んだら『受験生』になるわけで…。また7時間とか本気でやっていくんだよね。あと,40万円近くかかるんだよね…。」

という気持ちでいっぱい。本当にどうするか迷ってました。

とりあえず本気で目指すか否か,きちんと覚悟しているかどうかを自分自身で調べるために超短期で知財検定3級・2級を受験してみました。

弁理士講座を申し込む前に少なくとも3級の受験はオススメします。弁理士試験とは丸かぶりなので,知識的にも有効ですし,3級も一応は1ヶ月くらいは勉強しないといけないので,ほんの少し面倒です。

この面倒さに耐えられるか?登竜門みたいなもんだと思って試しに受けてみることを強くお勧めします。知財に向いていないと気づければかなり早い段階で弁理士を目指す必要もなくなりますからね。

申し込みの当日

LECの梅田校。申込前に写真を撮影。

当日。朝,休みだったんですが9時に起床。本気でやるか?と自問自答。

そして,決心して9時30分に梅田に向かいました。

一応どちらにせよ知財検定2級までは受けてみようと思っていて,2021年3月7日に知財検定2級の試験を受けて,3月10日にLECの無料ガイダンスを仕事帰り受けに行って3月14日に弁理士講座を申し込んで,3月15日に試験勉強を開始したので,それなりにかなり早く決断できたのではと思います。

そして,梅田校到着。

5Fの受付で一通り学費等の説明を聞いて…

「じゃあ…申し込みます。」

と一言。あっ始まった。と思いました。

始まりましたね。大学受験の頃のような受験生の再来です。

手続きが終わって,テキスト一式をもらい終了。帰り道はテキストの重みをしっかり感じてました。これからこれを頭に入れるのかと。

勉強初日

LECのテキストをもらった。

本日,勉強初日が終了しました。一応,勉強時間をざっくりで良いのでメモしていこうかと思い,手帳に『正』の字を付けていこうと思います。

あと,twitterとyoutubeにタイムラプス動画をアップロードしています。よかったらチェックしてみてください。もし,何かこれから目指そうと思われている方は弁理士でなくとも是非一緒に頑張りましょう。

twitter : https://twitter.com/patchemeng

youtube : https://www.youtube.com/channel/UCuel6TK-eMoL6fgIbBSJogg

勉強初日,宮口先生の授業がスタート。自宅(マンション)で,受けてました。今日も休みだったんですよね。

いやあ昔予備校で化学の授業を聞いてた頃を思い出しました。

雑談まで出来る限りメモしてたんですよね。当時。そうすると,授業がくっきりと鮮やかに思い出せるんですよ。関係のある雑談なので,ぜーんぶメモしていました。めちゃくちゃ手が痛い。

3時間で1コマ(途中休憩一度だけ有り)なので,ほとんど3時間書き続けてました。めちゃくちゃ手が痛くなるんですよ。

そして,通信ならではのメリットで,やはり私が書く速度と先生が話す速度は,私が書く速度の方がだいぶと遅いので止めて書いてというのを繰り返せるというのはよかった。

徐々にどの程度メモっていくかは考えていきます。でも出来る限りは先生の話はメモをしたいと思っている。長期記憶に残りやすい。エピソード化されるので。

他にも通信講座ならではのメリットは色々感じましたが,とりあえず今日はここまで。読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

A社の従業員甲

ゆとり世代ど真ん中に爆誕。円周率は3だと信じて疑わない。大学卒業後,予備校で勤務しており,化学を担当。主な業務は,模擬試験作成と入試解説の執筆。大学時代の専攻は物理化学であるが,難解すぎて意味があまりわからない。